小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

鋸(のこぎり)を引くように繰り返される

 泰造は、両足を折り、その場にしゃがみ込んだ。両手で口を覆い、鋸(のこぎり)を引くように繰り返される、激しい呼吸の音を封じ込める。



しだいに曖昧になりつつあった。

 陽は沈み、薄闇が周囲を取り囲んでいた。木々の輪郭も、対峙する少年の表情も、しだいに曖昧になりつつあった。