小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

2019-07-19から1日間の記事一覧

風の冷たさに旅愁を覚えた。

小杉健治さんの父からの手紙 首筋を走った風の冷たさに旅愁を覚えた。 父からの手紙posted with ヨメレバ小杉健治 光文社 2006年03月20日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethonto ebookjapan

逡巡があったのは、記憶を呼び起こす時間だったようだ。

小杉健治さんの父からの手紙 インターホンで来訪の目的を告げたとき、しばらくの逡巡があったのは、記憶を呼び起こす時間だったようだ。彼女は玄関のドアを開けてくれた。 父からの手紙posted with ヨメレバ小杉健治 光文社 2006年03月20日 楽天ブックス楽天…

その名を記憶に刻むように呟いた。

小杉健治さんの父からの手紙 「教えてください。誰なんですか、あの男は?」 「今の名は竹村伸吉だ」 「竹村伸吉……」 圭一はその名を記憶に刻むように呟いた。 父からの手紙posted with ヨメレバ小杉健治 光文社 2006年03月20日 楽天ブックス楽天koboAmazonK…

ほつれ毛が口元にかかるのが痛々しい感じだった。

小杉健治さんの父からの手紙 ほつれ毛が口元にかかるのが痛々しい感じだった。だが、それは壮絶な美しさに溢れ、気高さのようなものを感じさせた。 父からの手紙posted with ヨメレバ小杉健治 光文社 2006年03月20日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7netho…

何かが張りついたような鬱陶しさがあった。

小杉健治さんの父からの手紙 麻美子は起きたときから頭が重く、胸の辺りにも何かが張りついたような鬱陶しさがあった。 父からの手紙posted with ヨメレバ小杉健治 光文社 2006年03月20日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethonto ebookjapan

そのまま誰もいない階段を見つめていた。

小杉健治さんの父からの手紙 山部の姿が視界から消えても、麻美子はすぐに立ち去ることが出来ずに、そのまま誰もいない階段を見つめていた。 父からの手紙posted with ヨメレバ小杉健治 光文社 2006年03月20日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethonto eb…

濁ったような茜色に染まった夕暮れの空を見ていた。

小杉健治さんの父からの手紙 濁ったような茜色に染まった夕暮れの空を見ていた。だんだん闇が茜色に浸食していく。あの闇の色に溶け込んだように高樹との縁も消えていく。 父からの手紙posted with ヨメレバ小杉健治 光文社 2006年03月20日 楽天ブックス楽天…

糸のように頼り無い可能性にかけていただけに、……

小杉健治さんの父からの手紙 糸のように頼り無い可能性にかけていただけに、閉ざされた道に無念の思いを噛みしめた。 父からの手紙posted with ヨメレバ小杉健治 光文社 2006年03月20日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethonto ebookjapan

落胆の音が胸の底で鳴ったような気がした。

小杉健治さんの父からの手紙 半ば予想していたことではあったが、落胆の音が胸の底で鳴ったような気がした。 父からの手紙posted with ヨメレバ小杉健治 光文社 2006年03月20日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethonto ebookjapan

喉の奥にひっかかったような声だった。

小杉健治さんの父からの手紙 出所したばかりの人間が訪問すれば金の工面に来たのかと勘繰られるかもしれない。そう覚悟しながら、クリーニング店を訪れた。声をかけたが、喉の奥にひっかかったような声だった。奥から出て来た長兄は圭一の顔をじっと見つめ、…

瞬く間に秋が深まっていくようだ。

小杉健治さんの父からの手紙 無念の思いで麻美子は引き上げた。 辺りは暗くなり、落日の早さに麻美子は驚かされた。季節の移り変わりは早く、瞬く間に秋が深まっていくようだ。 父からの手紙posted with ヨメレバ小杉健治 光文社 2006年03月20日 楽天ブック…

慇懃無礼(いんぎんぶれい)にきいた。

小杉健治さんの父からの手紙 その日は北風の吹きすさぶ寒い日で、犬塚は汚れの目立つコートのポケットに両手を突っ込んだまま、慇懃無礼(いんぎんぶれい)にきいた。 「ちょっと、あなたにお訊ねしたいことがありましてね」 細い目が光った。薄気味悪い。 父…

ボールペンを持つ手を忙しく動かしている。

小杉健治さんの父からの手紙 「まったく普段と変わりませんでした。食事もきれいに食べて……」 若い刑事がボールペンを持つ手を忙しく動かしている。 父からの手紙posted with ヨメレバ小杉健治 光文社 2006年03月20日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7neth…

コーヒーは冷めていた。

小杉健治さんの父からの手紙 隅のテーブルに向かい合い、届いたコーヒーにも手をつけずに額を寄せ合うようにしての報告を、兄は俯いて聞いていた。 どれほどの時間が経ったろうか。沈黙に耐えきれずにカップにはじめて手がいった時、コーヒーは冷めていた。 …

全身の血液が脳に集中したような……

小杉健治さんの父からの手紙 全身の血液が脳に集中したような激しい怒りがこみ上げてきた。 父からの手紙posted with ヨメレバ小杉健治 光文社 2006年03月20日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethonto ebookjapan

窓の外には夥しい光が溢れている。

小杉健治さんの父からの手紙 高樹がこの超高層ホテルの最上階にあるレストランを好んでいるのは東京の街を見下ろすことができるからだ。今、窓の外には夥(おびただ)しい光が溢れている。車のヘッドライトの明かりが光の川のように蛇行して長く続いている。 …

瀟洒(しょうしゃ)な家だ。

小杉健治さんの父からの手紙 塀から松の枝を伸ばした瀟洒(しょうしゃ)な家だ。 父からの手紙posted with ヨメレバ小杉健治 光文社 2006年03月20日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethonto ebookjapan

文字の薄くなった看板が空き室が多いことを……

小杉健治さんの父からの手紙 入居者募集の文字の薄くなった看板が空き室が多いことを物語っている。 父からの手紙posted with ヨメレバ小杉健治 光文社 2006年03月20日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethonto ebookjapan

残暑が峠を越し、ひんやりとした風が頬を通り過ぎた。

小杉健治さんの父からの手紙 二階の部屋に戻ると、机の上に父の手紙が出しっぱなしだった。手紙を片づけてから、窓辺に寄った。残暑が峠を越し、ひんやりとした風が頬を通り過ぎた。その風に乗って赤とんぼが一匹視界を過(よぎ)った。 父からの手紙posted wi…

会議がワルツを踊っていた中で

有川浩さんの県庁おもてなし課より おもてなし課が発足して一ヶ月、ああでもないこうでもないと会議がワルツを踊っていた中でそう言い出したのは、掛水史貴である。 県庁おもてなし課posted with ヨメレバ有川浩 角川書店 2011年03月 楽天ブックス楽天koboAm…