小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

枝葉に半分遮られた橙色の光

陽が傾きはじめていた。クヌギの枝葉に半分遮られた橙色の光が、窓の外に射し込んでいる。 向日葵の咲かない夏posted with ヨメレバ道尾秀介 新潮社 2008年08月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7net ebookjapan

窓の外には夥しい光が溢れている。

小杉健治さんの父からの手紙 高樹がこの超高層ホテルの最上階にあるレストランを好んでいるのは東京の街を見下ろすことができるからだ。今、窓の外には夥(おびただ)しい光が溢れている。車のヘッドライトの明かりが光の川のように蛇行して長く続いている。 …