小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

唇が隙間をあけて震えている。

「そんなことがあったのか? いつ?」 両手を座卓の上に叩きつけるようにして、お爺さんは僕に向かって上体を乗り出す。両眼が大きく見ひらかれ、唇が隙間をあけて震えている。 向日葵の咲かない夏posted with ヨメレバ道尾秀介 新潮社 2008年08月 楽天ブッ…

皺の寄った唇

やがて、皺の寄った唇が、ゆっくりとひらき、僕に質問した。 向日葵の咲かない夏posted with ヨメレバ道尾秀介 新潮社 2008年08月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7net ebookjapan

唇を横に結び、ごくりと唾を呑んだ。

「それは、私にもわからない。ただ、とても気になることだけは確かなんだ。私の思い込みだといいんだが……」 お爺さんは唇を横に結び、ごくりと唾を呑んだ。 向日葵の咲かない夏posted with ヨメレバ道尾秀介 新潮社 2008年08月 楽天ブックス楽天koboAmazonKi…

唇が、すっと横に結ばれる

お爺さんは少し口ごもってから、「息子さんのことで」と言った。S君のお母さんの唇が、すっと横に結ばれるのがわかった。それから二人は、その場に立ったまま黙り込んでしまった。 向日葵の咲かない夏posted with ヨメレバ道尾秀介 新潮社 2008年08月 楽天ブ…

皺だらけの唇

皺だらけの唇をきゅっとすぼめて、泰造は林道の先に視線を伸ばす。 向日葵の咲かない夏posted with ヨメレバ道尾秀介 新潮社 2008年08月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7net ebookjapan

唇の端を持ち上げた。

お母さんはその場で僕を見下ろしたまま、唇の端を持ち上げた。両眼が意地悪く吊り上げって、カマキリのようだった。 向日葵の咲かない夏posted with ヨメレバ道尾秀介 新潮社 2008年08月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7net ebookjapan

薄く紅を引いた唇

塩田武士さんの罪の声より 前に座る美津子は薄く紅を引いた唇を噛むと、記憶を掘り起こすように目を閉じた。

唇が凍ったように

塩田武士さんの罪の声より 唇が凍ったように動かなかった。