小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

唾液

唇を横に結び、ごくりと唾を呑んだ。

「それは、私にもわからない。ただ、とても気になることだけは確かなんだ。私の思い込みだといいんだが……」 お爺さんは唇を横に結び、ごくりと唾を呑んだ。 向日葵の咲かない夏posted with ヨメレバ道尾秀介 新潮社 2008年08月 楽天ブックス楽天koboAmazonKi…

粘ついた唾液

言葉を切り、泰造は粘ついた唾液を呑み込む。 「あれは、誰かに話しかけていたんです。私はそう思うんです」 向日葵の咲かない夏posted with ヨメレバ道尾秀介 新潮社 2008年08月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7net ebookjapan

粘ついた唾液を呑み

「話しちまうべきだったんだろうなぁ……」 せっかく、警察の人間と向き合っていたのだから。 いつかは、話さなければなるまい。 泰造は、粘ついた唾液を呑み、小さく息を吐いた。 向日葵の咲かない夏posted with ヨメレバ道尾秀介 新潮社 2008年08月 楽天ブッ…