小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

喜び

喜色を閃かせて

有川浩さんの県庁おもてなし課より 宇野と呼ばれたパイロットが喜色を閃かせて掛水に目線を上げる。 県庁おもてなし課posted with ヨメレバ有川浩 角川書店 2011年03月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethonto

一拍遅れて

有川浩さんの空飛ぶ広報室の表現、描写 次の機会を許されたことに一拍遅れて気がついた。 ーーまるで天に昇るような心地になった。

感情 「喜び」

小説の表現、描写 「喜び」友罪 薬丸岳 鈴木の呟きに、美代子は弾かれたように顔を上げた。 悠木はふっと内臓が浮き上がるような快感を覚えた。 (クライマーズハイ 横山秀夫) 淳の視線が宙を泳いだ。迷っているのではなく、想像の翼を広げている表情に見えた…