小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

夕陽

暮れかかる空に、吸い込まれるように

太陽を正面に見て、泰造はクヌギ林の林道を歩いていた。行く手の落葉が、落日を吸って橙色に光っている。ヒグラシの澄んだ声が、暮れかかる空に、吸い込まれるように響いていた。 向日葵の咲かない夏posted with ヨメレバ道尾秀介 新潮社 2008年08月 楽天ブ…

濁ったような茜色に染まった夕暮れの空を見ていた。

小杉健治さんの父からの手紙 濁ったような茜色に染まった夕暮れの空を見ていた。だんだん闇が茜色に浸食していく。あの闇の色に溶け込んだように高樹との縁も消えていく。 父からの手紙posted with ヨメレバ小杉健治 光文社 2006年03月20日 楽天ブックス楽天…

陽光は弱々しくなっていた。

小杉健治さんの宿命の表現、描写 いつの間にか陽光は弱々しくなっていた。