小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

キンモクセイの香りが溶けていた。

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 今日の夜風には、かすかにキンモクセイの香りが溶けていた。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethonto ebookjapan

細長い煙突たちが林立していて、……

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 細長い煙突たちが林立していて、セピアに濁った夜空に突き刺さっていた。煙突の先端からは煙が盛大に立ちのぼり、ほとんど真横に流されている。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 20…

セピアがかった奇妙な夜空

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 セピアがかった奇妙な夜空を見上げた。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethonto ebookjapan

ぽつんと道端に捨て置かれたようなその自販機に、……

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 遠く工場の敷地を囲う鉄柵の脇に、煌々と光る自販機を見つけた。ぽつんと道端に捨て置かれたようなその自販機に、わけもなく親近感を感じて、四海は車を止めた。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森…

闇夜を淡いセピアに染め上げているのだ。

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 人気のない夜の工業地帯は、ちょっとした異空間だった。奇怪なカタチをした工場が闇のなかで林立し、一見、無秩序に取り付けられた無数の黄色い灯りが、闇夜を淡いセピアに染め上げているのだ。 大事なことほど小声で…

星みたいに光っていた。

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 横にいる恵那が振り向いて、歩きながら俊介を見詰めた。夜の街の灯が、恵那の瞳のなかで星みたいに光っていた。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブックス楽天k…

きらめく鱗粉(りんぷん)の尾を引くように

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 ふわりと解き放たれた白い紙ヒコーキは、なんだか魔法をかけられた妖精の乗り物のようだった。とりわけ蒼(あお)い月明かりに映える翼は幻想的だ。きらめく鱗粉(りんぷん)の尾を引くように、闇のなかをぼんやりと輝き…