小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

大事なことほど小声でささやく

黒いツインテールをどこか淋しげに揺らした。

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 風はカオリちゃんの黒いツインテールをどこか淋しげに揺らした。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethonto ebookjapan

土の匂いのする冬めいた風

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 少し土の匂いのする冬めいた風が吹いていた。街路樹の落ち葉がかさかさと音を立てて、二人の足元を転がりながらすり抜けていく。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 …

秒針の音が、さっきより室内に降り積もっていた。

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 チ、チ、チ、チ、チ……。 秒針の音が、さっきよりも室内に降り積もっていた。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethonto ebookjap…

瞳には光がなかった。

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 優しそうな形をした目も、焦点が結ばず、瞳には光がなかった。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethonto ebookjapan

瞳には光がなかった。

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 優しそうな形をした目も、焦点が結ばず、瞳には光がなかった。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethonto ebookjapan

銀縁メガネの奥の目が細い三日月のようになった。

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 カオリちゃんがにっこり微笑むと、銀縁メガネの奥の目が細い三日月のようになった。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethonto e…

窓の外はレモン色の朝日で満たされていた。

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 権田がようやくまどろみはじめた頃には、もう、窓の外はレモン色の朝日で満たされていた。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7neth…

銀色の雨の糸に淡く霞んでいて、……

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 スナックひばりのある裏路地は、銀色の雨の糸に淡く霞んでいて、なんだか夢のなかのように穏やかに見えた。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブックス楽天koboA…

根深く染み付いた不安が、黒いエネルギーの核となって、……

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 根深く染み付いた不安が、黒いエネルギーの核となって、権田の思考をネガティブな方向へと引きずり込んでいく。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブックス楽天k…

その声は、まるでエコーでもかかったかのように……

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 その声は、まるでエコーでもかかったかのように、繰り返しわんわんと響きながら権田に押し迫ってきた。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブックス楽天koboAmazo…

キンモクセイの香りが溶けていた。

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 今日の夜風には、かすかにキンモクセイの香りが溶けていた。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethonto ebookjapan

秋の艶かしい風がふわりと流れてきて……

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 古ぼけたビルの外に出ると、秋の艶(なまめ)かしい風がふわりと流れてきて、権田の丸太のような襟元を撫でた。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブックス楽天kob…

静寂が重すぎた

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 末次ひとりが暮らすにはどうにも広すぎたし、そして静寂が重すぎたのだ。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethonto ebookjapan

まるごと泥で上塗りされたような気分になって、……

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 末次は、ついさっき感じたキラキラした想いを、まるごと泥で上塗りされたような気分になって、無愛想な顔のまま観葉植物の葉陰から出ていった。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 20…

機械より冷たい台詞

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 そして、機械よりも冷たい台詞がポツリと放たれたのだ。 「それ、セクハラですか?」 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethonto …

こめかみを人さし指でポリポリ掻いた。

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 マスターはくすっと笑ってこめかみを人さし指でポリポリと掻いた。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethonto ebookjapan

塊まで吐き出してしまいそうなほどの深いため息

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 彼らの顔を思い浮かべたとたん、末次は魂まで吐き出してしまいそうなほどの深いため息をついたのだ。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブックス楽天koboAmazonK…

コーヒーの馥郁(ふくいく)とした香りに包まれながら……

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 時代めいた木製のドアを押し開けると、コロン、という甘いカウベルの音が店内に響く。コーヒーの馥郁(ふくいく)とした香りに包まれながら、末次は「やれやれ」とこぼした。 大事なことほど小声でささやくposted with …

濁ったねずみ色の空

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 地下鉄のターミナル駅の階段を上り、地上に出ると、末次庄三郎は濁ったねずみ色の空を見上げた。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindl…

くたくたと花がしおれていくように……

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 いったん甦ったように見えた由佳の心は、墓参りから帰宅したとたんに、くたくたと花がしおれていくように閉じてしまったのだ。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽…

沈んでいた記憶がゆらゆらと浮上してきて、……

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 そのぬくもりが、沈んでいた記憶の底からゆらゆらと浮上してきて、思わずその絵本を抱きしめたい衝動にかられた。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブックス楽…

内側からあふれ出す黒い感情

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 四海のなかにいる、もう一人の自分は、たしかに罪悪感に苛(さいな)まれていた。しかし同時に、意思とは無関係に、内側からあふれ出す黒い感情を抑え切れない自分もいたのだ。 大事なことほど小声でささやくposted wit…

勝手に自分の口からドロリとあふれ出ているような……

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 自分の心とはまったく別のところで汚(けが)らわしい言葉が発生して、それが勝手に自分の口からドロリとあふれ出ているような、そんな感覚を四海は覚えていた。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢…

時間が止まったように冷え込んだ。

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 コチ、コチ、コチ……。 壁掛け時計の秒針の音が響き渡っているのに、リビングのなかはむしろ時間が止まったように冷え込んだ。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天…

ザラリとした違和感

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 四海はザラリとした違和感を覚えた。その違和感はみるみる胸のなかで膨れ上がり、四海の背中と両腕に鳥肌を立たせた。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブック…

「笑顔」のまま固まっていた頬の筋肉も、……

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 「あ、ええと」 「なに?」 「いや……。トレーニングの後のビールは最高なんだよな」 「それだけ?」 「うん」 「じゃあ」 「うん、ありがとね。おやすみ」 後ろ手にリビングのドアを閉める由佳の痩せた背中を見詰めた…

視線が触れあった。

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 由佳がパソコン画面から視界をあげ、四海を見た。 帰宅してからはじめて、視線が触れあった。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7n…

水を打ったような静謐(せいひつ)が満ちて……

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 ひとしきりしゃべり続けたら、無性に喉が渇いた。 四海は「笑顔」をキープしたまま、いったん言葉を区切った。 と、リビングに水を打ったような静謐(せいひつ)が満ちて、沈黙が苦手な四海はごくりと喉を鳴らした。 大…

四文字の単語は薄暗い廊下に吸い込まれて消えた。

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 玄関のなかに入る。廊下の突き当たりのガラス扉を見ると、まだリビングの灯りはついていた。 靴を脱ぎながら、その灯りに向かって声をかける。 「ただいま」 四文字の単語は、薄暗い廊下に吸い込まれて消えた。 妻の…

湿っぽすぎるため息

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 湿っぽすぎるため息は、いつものように飲み込んだ。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethonto ebookjapan