小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

妬み

俊介の内側には黒い熱が生じ

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 「わあ、すごい腕の筋肉ですね」 直球で褒める恵那に気をよくする単純な男たちのマヌケ面をチラッと見るだけで、俊介の内側には黒い熱が生じ、それを発散させたくて、つい、いつもより余計にダンベルを上げてしまう。…

感情 「妬み」

小説の表現、描写 「妬み」夏美のホタル 森沢明夫 学食で受賞した写真雑誌のページを自慢げに見せびらかす友人たちを妬み、そして妬んだ気持ちの量だけ、自分の内側に汚れたフィルターがかかっていくのを感じていた。