小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

季節

その中を泳ぐようにして

アスファルトにゆらゆらと陽炎(かげろう)が立ち昇っている。その中を泳ぐようにして、ようやく図書館のそばまでやってきたときには、僕の全身は汗でべたべたななっていた。顔が蒸しタオルで包まれているようだった。 向日葵の咲かない夏posted with ヨメレバ…

さらさらと心地よい葉擦れ音を奏でている。

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 秋晴れのもと、紺碧の海を見下ろす高台には清々しい風が吹いていた。頭上には背の高い松の枝が張り出していて、さらさらと心地よい葉擦れの音を奏でている。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明…

季節 「梅雨」

季節 「師走」

小説の表現、描写 「師走」たまちゃんのおつかい便 森沢明夫 師走の朝の凜と張りつめた空気に、わたしの口から出た白い息がほわっと丸く浮かんだ。 ミーコの宝箱 森沢明夫 わたしは赤と緑と金色に華やぐ表通りを右に折れて、少しドブみたいな臭いのする路地…

季節 「春」

季節 「夏」

小説の表現、描写 「夏」夏美のホタル 森沢明夫 今日も朝から真夏の太陽が沸騰した。 気温は打ち上げ花火のようにビューンと一気に上昇していき、午後になると、もはやアスファルトを溶かしそうな勢いだった。 夏美のホタル 森沢明夫 そこから目と鼻の先にあ…

季節 「秋」

小説の表現、描写 「秋」夏美のホタル 森沢明夫 窓から忍び込んでくる風は、ぼくらの産毛をさらりとなでていった。幽かに秋の匂いをはらんだ切ない感触の風だった。

季節 「冬」

小説の表現、描写 「冬」たまちゃんのおつかい便 森沢明夫 師走の朝の凜と張りつめた空気に、わたしの口から出た白い息がほわっと丸く浮かんだ。たまちゃんのおつかい便 森沢明夫 道路の左手は、青いセロファンのような海。その穏やかで洋々たる広がりに、冬…