小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

恐怖、不安

首筋に楔(くさび)を打ち込まれるような衝撃

首筋に楔(くさび)を打ち込まれるような衝撃を、泰造は感じた。視界に映る薄暗い景色が、ぐらりと揺らぎ、立ち並ぶ木々やミチオの顔が飴のようにひしゃげる。 向日葵の咲かない夏posted with ヨメレバ道尾秀介 新潮社 2008年08月 楽天ブックス楽天koboAmazonK…

十本の指が、顔の前でぶるぶると震えていた。

十本の指が、顔の前でぶるぶると震えていた。お爺さんは、心底から怯えているようだった。 向日葵の咲かない夏posted with ヨメレバ道尾秀介 新潮社 2008年08月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7net ebookjapan

不安の色が隠れている

「どこ行くのさ、ミチオ君」 その声に不安の色が隠れているのを、僕はたしかに聞き取った。 向日葵の咲かない夏posted with ヨメレバ道尾秀介 新潮社 2008年08月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7net ebookjapan

ドライアイスから流れ出す、白い霧のように

もやもやとした思い。ドライアイスから流れ出す、白い霧のように、それは僕の胸の底に静かに広がっていった。 向日葵の咲かない夏posted with ヨメレバ道尾秀介 新潮社 2008年08月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7net ebookjapan

体全体が心臓になったように

うなずくことも、首を横に振ることもできなかった。僕はただ口を閉じて、全身を強張らせていた。膝が、がくがくと震えているのがわかった。身体全体が心臓になったように、手が、足が、耳の中が、眼の奥が、どくんどくんと同時に脈打っていた。 向日葵の咲か…

根深く染み付いた不安が、黒いエネルギーの核となって、……

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 根深く染み付いた不安が、黒いエネルギーの核となって、権田の思考をネガティブな方向へと引きずり込んでいく。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブックス楽天k…

冷えた胸が引き絞られる

有川浩さんの空飛ぶ広報室の表現、描写 「今までいろいろ口うるさくてすみませんでした」 今まで、という前置きにぎくりと胸が冷えた。 「今後は余計な差し出口は控えます」 冷えた胸が引き絞られる。まるで、 ーー突き放されたみたいな、 槙が一礼して自分…

感情 「恐怖」「不安」

小説の表現、描写 「恐怖」「不安」クライマーズ・ハイ 横山秀夫 父は蒸発したのだと酒臭い母の懐で聞かされた。蒸発という言葉がひどく恐ろしいものに感じられた。呑み込むことも消化することも出来ず、それは漠然とした不安として胸に巣食った。十角館の殺…