小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

息、呼吸

鋸(のこぎり)を引くように繰り返される

泰造は、両足を折り、その場にしゃがみ込んだ。両手で口を覆い、鋸(のこぎり)を引くように繰り返される、激しい呼吸の音を封じ込める。 向日葵の咲かない夏posted with ヨメレバ道尾秀介 新潮社 2008年08月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7net ebookjapan

鼻から息を吸い込むだけで

ドアをあけると、部屋の中はむんむんしていた。鼻から息を吸い込むだけで、室温が高いのがわかる。 向日葵の咲かない夏posted with ヨメレバ道尾秀介 新潮社 2008年08月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7net ebookjapan

「息」「呼吸」

小説の表現、描写 「息」「呼吸」ミーコの宝箱 森沢明夫 吐く息が真っ白だ。 風がないせいで、白い息は口の前でふわふわと綿菓子のように丸く広がる。