小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

枯れ枝のような指先

「今日はなんだ、やけに腰が痛えなーー」 枯れ枝のような指先で、泰造はそろそろと腰を摩る。 向日葵の咲かない夏posted with ヨメレバ道尾秀介 新潮社 2008年08月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7net ebookjapan

体 「手」

小説の表現、描写 「手」ミーコの宝箱 森沢明夫 ミーコは楓のような小さな手で、私の人さし指と中指をまとめてきゅっと握った。ミーコの手は悲しいくらい冷たくなっていた。