小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

拒否

あの灯台の灯りさえもしぼんで消えてしまった。

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 明るかったはずの由佳の表情から、血の気が失せていくのが分かった。瞳の奥に優しく灯っていた、あの灯台の灯りさえもしぼんで消えてしまった。やがて焦点が曖昧になった由佳の両目から、ぽろりぽろりとしずくがこぼ…

「拒否」

小説の表現、描写 「拒否」阪急電車 有川浩 「あ、それは嫌なんです」 彼女は口を引き結んで首を横に振った。