小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

朝日

無数の埃がきらきらと舞っている

森沢明夫さんの水曜日の手紙より 小さな窓からはレモン色の朝日が差し込んでいて、その光をよく見ると、無数の埃がきらきらと舞っているのが分かる。 水曜日の手紙posted with ヨメレバ森沢 明夫 KADOKAWA 2018年12月07日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7…

窓の外はレモン色の朝日で満たされていた。

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 権田がようやくまどろみはじめた頃には、もう、窓の外はレモン色の朝日で満たされていた。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7neth…

風景 「朝日」

小説の表現、描写 「朝日」たまちゃんのおつかい便 森沢明夫 居間は、目を細めたくなるような光で満ちていた。東側の大きな掃き出し窓から、レモン色をした朝日がたっぷり注がれているのだ。罪の声 塩田武士 車窓から差し込む生まれたばかりの陽が、視界の半…