小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

かさついた骨片と白い灰になった

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 工場の煙が海風に霧散し、消えゆく様をぼうっと眺めながら、四海は三年前の「あの日」を憶(おも)った。五歳になったばかりの娘、葉月が、かさついた骨片と白い灰になった「あの日」だ。 大事なことほど小声でささやく…