小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

泣く

飲んだ息がそのまま嗚咽になる。

有川浩さんの県庁おもてなし課より 「それを喋るな! 黙っちょけ!」 掛水が怒鳴りつけると、多紀は息を飲んだ。飲んだ息がそのまま嗚咽になる。 県庁おもてなし課posted with ヨメレバ有川浩 角川書店 2011年03月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethonto

あの灯台の灯りさえもしぼんで消えてしまった。

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 明るかったはずの由佳の表情から、血の気が失せていくのが分かった。瞳の奥に優しく灯っていた、あの灯台の灯りさえもしぼんで消えてしまった。やがて焦点が曖昧になった由佳の両目から、ぽろりぽろりとしずくがこぼ…

下まぶたに、ぷっくりと透明なしずくが浮かび上がった。

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 やがて、娘の両目の下まぶたに、ぷっくりと透明なしずくが浮かび上がった。最初のしずくがぽろりと頬を伝い落ちると、そのあとは立て続けに流れた。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬…

人の表現 「泣く」

小説の表現、描写 「泣く」刑事のまなざし 薬丸岳 カウンターにいた聖治と目が合うと言葉を失ったように唇をわななかせて、次の瞬間に泣き出してしまった。 女神のタクト 塩田武士 右手で乱暴に目元を拭ったが、涙は止まってくれなかった。 ミーコの宝箱 森…