小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

珈琲

コーヒーは冷めていた。

小杉健治さんの父からの手紙 隅のテーブルに向かい合い、届いたコーヒーにも手をつけずに額を寄せ合うようにしての報告を、兄は俯いて聞いていた。 どれほどの時間が経ったろうか。沈黙に耐えきれずにカップにはじめて手がいった時、コーヒーは冷めていた。 …

コーヒーの馥郁(ふくいく)とした香りに包まれながら……

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 時代めいた木製のドアを押し開けると、コロン、という甘いカウベルの音が店内に響く。コーヒーの馥郁(ふくいく)とした香りに包まれながら、末次は「やれやれ」とこぼした。 大事なことほど小声でささやくposted with …

飲み物の表現 珈琲

小説家に学ぶ 表現、描写 珈琲虹の岬の喫茶店 森沢明夫 コクのあるブラックをゆっくりと味わう。凍えていた身体が、芯の方からじわじわ溶かされていくようだ。「美味いなぁ……」罪の声 塩田武士 上品なソーサーの上で湯気を立てるコーヒーから、心が和むよう…