小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

瞬く間に秋が深まっていくようだ。

小杉健治さんの父からの手紙 無念の思いで麻美子は引き上げた。 辺りは暗くなり、落日の早さに麻美子は驚かされた。季節の移り変わりは早く、瞬く間に秋が深まっていくようだ。 父からの手紙posted with ヨメレバ小杉健治 光文社 2006年03月20日 楽天ブック…

秋の艶かしい風がふわりと流れてきて……

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 古ぼけたビルの外に出ると、秋の艶(なまめ)かしい風がふわりと流れてきて、権田の丸太のような襟元を撫でた。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブックス楽天kob…

さらさらと心地よい葉擦れ音を奏でている。

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 秋晴れのもと、紺碧の海を見下ろす高台には清々しい風が吹いていた。頭上には背の高い松の枝が張り出していて、さらさらと心地よい葉擦れの音を奏でている。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明…

季節 「秋」

小説の表現、描写 「秋」夏美のホタル 森沢明夫 窓から忍び込んでくる風は、ぼくらの産毛をさらりとなでていった。幽かに秋の匂いをはらんだ切ない感触の風だった。