小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

笑顔、笑み

パリパリと音を立てて剥がれ落ちていく。

森沢明夫さんの水曜日の手紙より わたしのなかに君臨していた伊織の優雅な笑顔ーー、それが、表面からパリパリと音を立てて剥がれ落ちていく。 水曜日の手紙posted with ヨメレバ森沢 明夫 KADOKAWA 2018年12月07日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethon…

喜色を閃かせて

有川浩さんの県庁おもてなし課より 宇野と呼ばれたパイロットが喜色を閃かせて掛水に目線を上げる。 県庁おもてなし課posted with ヨメレバ有川浩 角川書店 2011年03月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethonto

銀縁メガネの奥の目が細い三日月のようになった。

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 カオリちゃんがにっこり微笑むと、銀縁メガネの奥の目が細い三日月のようになった。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethonto e…

「笑顔」のまま固まっていた頬の筋肉も、……

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 「あ、ええと」 「なに?」 「いや……。トレーニングの後のビールは最高なんだよな」 「それだけ?」 「うん」 「じゃあ」 「うん、ありがとね。おやすみ」 後ろ手にリビングのドアを閉める由佳の痩せた背中を見詰めた…

日陰の花みたいに微笑んだ。

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 ひっそりと日陰の花みたいに微笑んだ。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethonto ebookjapan

唇の端っこで笑った

有川浩さんの空飛ぶ広報室の表現、描写 空井はへっと唇の端っこで笑った。

表情 「笑い」「笑み」

クライマーズ・ハイ 横山秀夫 うすら笑いの張りついた粕谷の顔には、かつてない巨大航空機事故に直面したジャーナリストの緊張感はなかった。 十角館の殺人 綾辻行人 アガサは軽く不満の色を浮かべたが、やがて悪戯っぽく微笑んで 口許に不器用な笑みを浮か…