小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

緊張

唇を横に結び、ごくりと唾を呑んだ。

「それは、私にもわからない。ただ、とても気になることだけは確かなんだ。私の思い込みだといいんだが……」 お爺さんは唇を横に結び、ごくりと唾を呑んだ。 向日葵の咲かない夏posted with ヨメレバ道尾秀介 新潮社 2008年08月 楽天ブックス楽天koboAmazonKi…

喉仏を、ぐり、と

お爺さんは僕の顔から視線を外し、傘の柄に乗せた自分の両手をじっと見据えた。しばらくそうしていたあと、喉仏を、ぐり、と一回動かして、また僕に向き直った。 向日葵の咲かない夏posted with ヨメレバ道尾秀介 新潮社 2008年08月 楽天ブックス楽天koboAma…

動物のように暴れている

僕は自分の心臓が、肋骨の内側で、動物のように暴れているのを意識していた。 向日葵の咲かない夏posted with ヨメレバ道尾秀介 新潮社 2008年08月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7net ebookjapan

心臓が体に悪い跳ね方をした。

有川浩さんの空飛ぶ広報室の表現、描写 「空井」 声をかけたのは班長の小暮である。見ると小暮は電話の受話器を持っていた。 「帝都テレビさんから」 心臓が体に悪い跳ね方をした。

感情 「緊張」

小説の表現、描写 「緊張」友罪 薬丸岳 鼓動がせわしなくなるのを感じながら喫茶店に向かった。 キッチン風見鶏 森沢明夫 ぼくの心臓は確実に一拍スキップをしていた。 夏美のホタル 森沢明夫 ぼくの心臓は二拍か三拍くらいスキップしてしまった。 罪の声 塩…