小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

罪悪感

三種混合で沸騰した。

有川浩さんの県庁おもてなし課より 疚(やま)しさと後ろめたさと罪悪感が三種混合で沸騰した。 県庁おもてなし課posted with ヨメレバ有川浩 角川書店 2011年03月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethonto

内側からあふれ出す黒い感情

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 四海のなかにいる、もう一人の自分は、たしかに罪悪感に苛(さいな)まれていた。しかし同時に、意思とは無関係に、内側からあふれ出す黒い感情を抑え切れない自分もいたのだ。 大事なことほど小声でささやくposted wit…

油性のサインペンで書きつけられたように

塩田武士さんの罪の声より 油性のサインペンで書きつけられたように罪悪感が消えない。そして何かの拍子に思い起こしては、自らを正当化しようとする気持ちが、胸の内でジタバタするのだ。