小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

苛立ち

苛立ちが渦巻いている。

有川浩さんの県庁おもてなし課より その意見が到底県民の前で口に出せるようなものではない、と。 なら何故言う。掛水の内心では苛立ちが渦巻いている。 県庁おもてなし課posted with ヨメレバ有川浩 角川書店 2011年03月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7…

俊介の内側には黒い熱が生じ

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 「わあ、すごい腕の筋肉ですね」 直球で褒める恵那に気をよくする単純な男たちのマヌケ面をチラッと見るだけで、俊介の内側には黒い熱が生じ、それを発散させたくて、つい、いつもより余計にダンベルを上げてしまう。…

踵(かかと)を刻む

有川浩さんの空飛ぶ広報室の表現、描写 エレベーターが下る間、柚木はイライラと踵(かかと)を細かく刻んでいる。やはり何かあったのだ、とリカは固唾を飲んだ。