小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

落ち込む

落胆の音が胸の底で鳴ったような気がした。

小杉健治さんの父からの手紙 半ば予想していたことではあったが、落胆の音が胸の底で鳴ったような気がした。 父からの手紙posted with ヨメレバ小杉健治 光文社 2006年03月20日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethonto ebookjapan

まるごと泥で上塗りされたような気分になって、……

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 末次は、ついさっき感じたキラキラした想いを、まるごと泥で上塗りされたような気分になって、無愛想な顔のまま観葉植物の葉陰から出ていった。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 20…

くたくたと花がしおれていくように……

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 いったん甦ったように見えた由佳の心は、墓参りから帰宅したとたんに、くたくたと花がしおれていくように閉じてしまったのだ。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽…

あの灯台の灯りさえもしぼんで消えてしまった。

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 明るかったはずの由佳の表情から、血の気が失せていくのが分かった。瞳の奥に優しく灯っていた、あの灯台の灯りさえもしぼんで消えてしまった。やがて焦点が曖昧になった由佳の両目から、ぽろりぽろりとしずくがこぼ…

うなだれる

空飛ぶ広報室 有川浩より 首が外れて落ちそうなほど片山はうなだれた。

感情 「落胆」