小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

言い争い

勝手に自分の口からドロリとあふれ出ているような……

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 自分の心とはまったく別のところで汚(けが)らわしい言葉が発生して、それが勝手に自分の口からドロリとあふれ出ているような、そんな感覚を四海は覚えていた。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢…

背中で弾く

有川浩さんの空飛ぶ広報室の表現、描写 「何ですかそれっ! 逆ギレすんならもう手伝いませんからね!」 噛みつく空井の声を背中で弾き、片山は部屋を出た。

顎に梅干しを作りながら

有川浩さんの空飛ぶ広報室より ついに言い負かされたか、稲葉リカが顎に梅干しを作りながら「たいへん柔軟でいらっしゃるかと……」と口を濁しながら引き下がった。