小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

記憶

記憶の回路がピタピタと

森沢明夫さんの水曜日の手紙より 伊織の声を聞いているうちに、記憶の回路がピタピタと音を立てて繋がっていく気がした。 水曜日の手紙posted with ヨメレバ森沢 明夫 KADOKAWA 2018年12月07日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethonto ebookjapan

逡巡があったのは、記憶を呼び起こす時間だったようだ。

小杉健治さんの父からの手紙 インターホンで来訪の目的を告げたとき、しばらくの逡巡があったのは、記憶を呼び起こす時間だったようだ。彼女は玄関のドアを開けてくれた。 父からの手紙posted with ヨメレバ小杉健治 光文社 2006年03月20日 楽天ブックス楽天…

その名を記憶に刻むように呟いた。

小杉健治さんの父からの手紙 「教えてください。誰なんですか、あの男は?」 「今の名は竹村伸吉だ」 「竹村伸吉……」 圭一はその名を記憶に刻むように呟いた。 父からの手紙posted with ヨメレバ小杉健治 光文社 2006年03月20日 楽天ブックス楽天koboAmazonK…

沈んでいた記憶がゆらゆらと浮上してきて、……

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 そのぬくもりが、沈んでいた記憶の底からゆらゆらと浮上してきて、思わずその絵本を抱きしめたい衝動にかられた。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブックス楽…