小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

酔う

脳味噌に甘く染み込んでいって、

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 はじめてまともに飲んだアルコールが、脳味噌に甘く染み込んでいって、世の中がみるみるバラ色になってしまったのだ。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブック…

「酒に酔う」

小説の表現、描写 酒に酔うミーコの宝箱 森沢明夫 たいして強くもないのに飲み過ぎたせいか、街のきらめきが普段より三割増しに感じられて、僕は思わず白い息を吐き出した。ため息だ。