小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

銀色の線のような

風の中に、銀色の線のような細かい雨粒が混じってきたので、僕は窓を閉じた。 向日葵の咲かない夏posted with ヨメレバ道尾秀介 新潮社 2008年08月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7net ebookjapan

銀色の雨の糸に淡く霞んでいて、……

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 スナックひばりのある裏路地は、銀色の雨の糸に淡く霞んでいて、なんだか夢のなかのように穏やかに見えた。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブックス楽天koboA…

しっとりとした小糠雨

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 その夜は、しっとりとした小糠雨が降っていた。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethonto ebookjapan

滴が凄まじい勢いで流れて落ちる

小杉健治さんの宿命の表現、描写 激しい雨が取り調べの窓ガラスに打ちつけていた。上から下へ、右上から左下へと滴が凄まじい勢いで流れて落ちる。 沢木正夫は窓辺に立って、雨に煙る街に目をやっていた。日比谷から銀座方面のビル群が霞んでいる。