小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

荒れた海を逆様にしたみたいな雲

窓の外。昼間なのに、灰色の空。荒れた海を逆様にしたみたいな雲が、ずっと遠くまでぐるぐると広がっていて、それがものすごいスピードで、窓枠の中を左から右へ流れている。

濁ったねずみ色の空

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 地下鉄のターミナル駅の階段を上り、地上に出ると、末次庄三郎は濁ったねずみ色の空を見上げた。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindl…

風景 「雲」

小説の表現、描写 「雲」夏美のホタル 森沢明夫 遥か東の空には筋肉ムキムキな入道雲が湧き立ち、コバルトブルーの夏空の真ん中を、白い飛行機雲がスパッと切り裂いていたのだ。