小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

残暑が峠を越し、ひんやりとした風が頬を通り過ぎた。

小杉健治さんの父からの手紙 二階の部屋に戻ると、机の上に父の手紙が出しっぱなしだった。手紙を片づけてから、窓辺に寄った。残暑が峠を越し、ひんやりとした風が頬を通り過ぎた。その風に乗って赤とんぼが一匹視界を過(よぎ)った。 父からの手紙posted wi…

顔 「頬」

小説の表現、描写 「頬」ミーコの宝箱 森沢明夫 頬の産毛は綿毛のように白く光り、うっすらと涙の痕を残している。