小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

頭はツルリと磨かれたスキンヘッドで

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 四角い顎と、張り出した頬骨と、意志の強そうな眉。頭はツルリと磨かれたスキンヘッドで、蛍光灯の光を見事に反射させている。

顔 「頬」

小説の表現、描写 「頬」ミーコの宝箱 森沢明夫 頬の産毛は綿毛のように白く光り、うっすらと涙の痕を残している。

顔 「目」「瞳」

小説の表現、描写 「目」「瞳」(たまちゃんのおつかい便 森沢明夫) わたしはシャーリーンのくりっとした鳶色の瞳の美しさに見とれそうになった。 唇を真一文字に引いたシャーリーンの目に、暗い光が揺れたように見えた。歪んだ蝸牛 田中経一 凜の組まれた両…

顔 「鼻」

小説の表現、描写 「鼻」女神のタクト 塩田武士 拓斗がグラスの中の氷を揺らし、目を閉じた。高く尖った鼻梁が美しかった。