小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

風景

かさついた骨片と白い灰になった

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 工場の煙が海風に霧散し、消えゆく様をぼうっと眺めながら、四海は三年前の「あの日」を憶(おも)った。五歳になったばかりの娘、葉月が、かさついた骨片と白い灰になった「あの日」だ。 大事なことほど小声でささやく…

細長い煙突たちが林立していて、……

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 細長い煙突たちが林立していて、セピアに濁った夜空に突き刺さっていた。煙突の先端からは煙が盛大に立ちのぼり、ほとんど真横に流されている。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 20…

セピアがかった奇妙な夜空

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 セピアがかった奇妙な夜空を見上げた。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethonto ebookjapan

ぽつんと道端に捨て置かれたようなその自販機に、……

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 遠く工場の敷地を囲う鉄柵の脇に、煌々と光る自販機を見つけた。ぽつんと道端に捨て置かれたようなその自販機に、わけもなく親近感を感じて、四海は車を止めた。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森…

闇夜を淡いセピアに染め上げているのだ。

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 人気のない夜の工業地帯は、ちょっとした異空間だった。奇怪なカタチをした工場が闇のなかで林立し、一見、無秩序に取り付けられた無数の黄色い灯りが、闇夜を淡いセピアに染め上げているのだ。 大事なことほど小声で…

風景 「雲」

小説の表現、描写 「雲」夏美のホタル 森沢明夫 遥か東の空には筋肉ムキムキな入道雲が湧き立ち、コバルトブルーの夏空の真ん中を、白い飛行機雲がスパッと切り裂いていたのだ。

風景 「月」

小説の表現、描写 「月」夏美のホタル 森沢明夫 森の樹々のシルエットの上に、クリーム色の半月が浮かんでいて、夜空全体には数えきれないほどの星たちが瞬いていた。

風景 「街並み」

小説の表現、描写 「街並み」友罪 薬丸岳 最初は苦手に思っていた駅前のけばけばしい風景も、肩を寄せ合うように屹立(きつりつ)するビルの群れも、今では心地よく感じていた。 (友罪 薬丸岳) 友罪 薬丸岳 最初は苦手に思っていた駅前のけばけばしい風景も、…

風景 「朝日」

小説の表現、描写 「朝日」たまちゃんのおつかい便 森沢明夫 居間は、目を細めたくなるような光で満ちていた。東側の大きな掃き出し窓から、レモン色をした朝日がたっぷり注がれているのだ。罪の声 塩田武士 車窓から差し込む生まれたばかりの陽が、視界の半…

風景 「星」

小説の表現、描写 「星」夏美のホタル 森沢明夫 冬の夕暮れは無慈悲なまでに早かった。 夕方になったかな、と思ったら、力ない太陽はいきなり浮力を失って、ストンと一気に山の端に落ちてしまうのだ。 いま、淡いすみれ色に染まりつつある東の空には、一番星…

風景の表現、描写

小説の表現、描写 「風景」友罪 薬丸岳 蜃気楼のように揺らめく景色の中で、背の高い男性がこちらを向いた。

風景表現 「川」

小説の表現、描写 「川」ヒカルの卵 森沢明夫 川の上流から吹いてくる春風には、清冽(せいれつ)な水と、豊かな森の匂いが溶けていた。せせらぎが全身から染み込んできて、気持ちが内側からほどけていくのが分かる。 ヒカルの卵 森沢明夫 ポチャン、と川の浅…