小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

香り、匂い

土の匂いのする冬めいた風

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 少し土の匂いのする冬めいた風が吹いていた。街路樹の落ち葉がかさかさと音を立てて、二人の足元を転がりながらすり抜けていく。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 …

キンモクセイの香りが溶けていた。

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 今日の夜風には、かすかにキンモクセイの香りが溶けていた。 大事なことほど小声でささやくposted with ヨメレバ森沢明夫 幻冬舎 2015年08月05日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethonto ebookjapan

コーヒーの馥郁(ふくいく)とした香りに包まれながら……

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫 時代めいた木製のドアを押し開けると、コロン、という甘いカウベルの音が店内に響く。コーヒーの馥郁(ふくいく)とした香りに包まれながら、末次は「やれやれ」とこぼした。 大事なことほど小声でささやくposted with …

感覚「匂い」「香り」の表現、描写

小説の表現、描写 「匂い」「香り」ヒカルの卵 森沢明夫 店内には新築ならではの少しよそよそしい匂いと、森と、醤油と、卵と、ご飯の匂いが入り交じっていて、私の鼻孔をやさしくくすぐった。ヒカルの卵 森沢明夫 身の引き締まるような風には森の腐葉土の匂…