小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

驚き

唇が隙間をあけて震えている。

「そんなことがあったのか? いつ?」 両手を座卓の上に叩きつけるようにして、お爺さんは僕に向かって上体を乗り出す。両眼が大きく見ひらかれ、唇が隙間をあけて震えている。 向日葵の咲かない夏posted with ヨメレバ道尾秀介 新潮社 2008年08月 楽天ブッ…

両眼が一瞬、何倍にも大きくなった気がした。

「それってもしかして、あの日の朝のことですか?」 僕がそう訊いたとき、お爺さんの両眼が一瞬、何倍にも大きくなった気がした。 「どうして、そう思うんだい?」 声が、急に低くなる。 向日葵の咲かない夏posted with ヨメレバ道尾秀介 新潮社 2008年08月 …

多紀の肩が飛び上がる。

有川浩さんの県庁おもてなし課より 「明神さんも行っちょくかえ」 多紀の肩が飛び上がる。 「あ、あの……私はまた次の機会に……」 県庁おもてなし課posted with ヨメレバ有川浩 角川書店 2011年03月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7nethonto

突然目隠しを外されたかのような

有川浩さんの県庁おもてなし課より 高知は、俺たちは、こんなものを持っていたのだ。 それは突然目隠しを外されたかのようなーー圧倒的な発見だった。 県庁おもてなし課posted with ヨメレバ有川浩 角川書店 2011年03月 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle7ne…

感情 「驚き」

小説の表現、描写 「驚き」再会 小杉健治 狩野川は心臓を激しく叩かれたような衝撃を受けた。 共犯者 小杉健治 瞼が痙攣したかのように瞬きを何度かした。