小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

感情 「喜び」

小説の表現、描写
「喜び」

友罪 薬丸岳
 鈴木の呟きに、美代子は弾かれたように顔を上げた。


 悠木はふっと内臓が浮き上がるような快感を覚えた。
(クライマーズハイ 横山秀夫)


 淳の視線が宙を泳いだ。迷っているのではなく、想像の翼を広げている表情に見えた。
(クライマーズハイ 横山秀夫)


 ふいに鼻の奥がツンと熱くなったぼくは、「いえ」と首を振りながら思った。
(ヒカルの卵 森沢明夫)


気持ちに羽が生えて、遠くの旅先へと飛んでいけるような気がするのだ。
(虹の岬の喫茶店 森沢明夫)