小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

きらめく鱗粉(りんぷん)の尾を引くように

大事なことほど小声でささやく 森沢明夫

 ふわりと解き放たれた白い紙ヒコーキは、なんだか魔法をかけられた妖精の乗り物のようだった。とりわけ蒼(あお)い月明かりに映える翼は幻想的だ。きらめく鱗粉(りんぷん)の尾を引くように、闇のなかをぼんやりと輝きながらどこまでも飛んでいくのがいい。