小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

汁椀を並べていた佐和の肩が跳ねた。

有川浩さんの県庁おもてなし課より

 居間に戻ってきた清遠は食卓を見て「ほお」と声を上げた。
「ずいぶん豪勢やないか」
 皿鉢が二枚出て、それぞれに刺身と鯖寿司が盛られている。
 汁椀を並べていた佐和の肩が跳ねた。