小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

みぞおちのあたりが空っぽになってしまったような

森沢明夫さんの水曜日の手紙より


 ここまで本心を口にしていたら、きっと涙が出てしまうだろうなーー、と思いながらしゃべっているのだけれど、実際、わたしの目は潤むことすらなかった。むしろ、みぞおちのあたりが空っぽになってしまったような、ぽかんとした感覚を味わっていた。