小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

背中は、弓のようにピンと伸びていて

森沢明夫さんの水曜日の手紙より


 絵筆一本で人生を成立させようと踏ん張っている元同期の背中は、弓のようにピンと伸びていて、ぼくの目には悲しいくらいまぶしく映るのだった。