小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

硝子のように色を失い

 そのときのイビサワの顔は見ものだった。脂肪の垂れ下がった頬がいっぺんに引きつり、期待に輝いていた両眼は、ぴたりと静止して硝子のように色を失い、へらへらと笑っていた唇は、そのままの形で硬直した。