小説家から学ぶ表現、描写

小説を書くための表現方法を小説家から学ぶ

頭を満たす混乱が、だんだんといびつなかたちをとっていく

 頭を満たす混乱が、だんだんと、いびつなかたちをとっていくのを、僕は感じていた。
 そのいびつなものに、身体を、口を、勝手に動かされているようだった。
「僕は邪魔みたいだから、ここにいないほうがいいね」